1. 全学共通教養教育センターホーム
  2. 同志社データサイエンス・AI 教育プログラム

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)とは

 同志社大学では、社会の要請に応えるため「数理・データサイエンス・AI教育」に関して、大学全体としてこれを推進していくことを決定し、2022年度から数理・データサイエンス・AIに関する新たな教育プログラム(DDASH/ディーダッシュ
Doshisha Approved Program for Data science and AI Smart Higher Education)を開始します。

 DDASHは、2022年度開始の全学部生を対象としたリテラシーレベルの「DDASH-L」、2023年度以降開始のより高度な内容を含む応用基礎レベルの「DDASH-A」、および、それらを包含する「DDASH副専攻」の3つのプログラムで実施予定です。
  ※
DDASH-L:Doshisha Approved Program for Data science and AI Smart Higher Education -Literacy Level-
DDASH-A:Doshisha Approved Program for Data science and AI Smart Higher Education -Advanced Level-

 DDASH-Lは文部科学省の数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)に準拠しており、DDASH-Aは同(応用基礎レベル)に準拠することを予定しています。 
 また、DDASHは学部レベルのみではなく、大学院レベルでの展開も予定しており、その一部として、既に大学院レベルにおいて、データサイエンス・AIを駆使してイノベーションを創出し、世界で活躍できる人材育成を目指したプログラム「Comm5.0 AI・データサイエンス副専攻」を提供しています。

 今後も、同志社大学では学部・大学院と一貫したデータサイエンス・AI分野の人材育成に取り組んでいきます。
 同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)説明動画を公開しています。ぜひ、ご覧ください。
(画像をクリックすると説明動画が視聴できます/ポップアップブロックを解除してご視聴ください)

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(DDASH)イメージ図

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)(DDASH-L)の特徴

 DDASH-Lは、2005年度から提供・実施してきた全学共通教養教育科目「データサイエンス1・2」や、文化情報学部を始めとする複数学部におけるデータサイエンス教育の実績を踏まえた全学レベルの教育プログラムであり、次のような特徴をもっています。

  • 文系・理系を問わずすべての学部学生が履修可能な教育プログラム
  • 10数年におよぶデータサイエンス教育の実績に立脚
  • 総合大学の強みを生かし、既設の科目をパッケージ化
  • 学内複数学部の力を結集して教材を作成
  • すべての学部の教員が参加するワーキング・グループでプログラムを検討・点検
  • プログラムにおける必修科目はフルオンデマンドで開講
  • 様々な分野の外部講師を招聘
※「データサイエンス概論」における外部講師(一例/順不同)
総務省統計局・独立行政法人統計センター、株式会社日経リサーチ、アステラス製薬株式会社、株式会社リクルート、京セラ株式会社、株式会社Agoop
  • 統計検定を用いた質の自己検証(同志社大学生向け特別価格で受験可能)

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)(DDASH-L)のプログラム構成

1.教育プログラム名称

正式名称:同志社データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)
略称:DDASH-L
英語名称:Doshisha Approved Program for Data science and AI Smart Higher Education -Literacy Level-

2.科目構成

(1)プログラム必修科目
科目名:「データサイエンス概論」
英文名称:Introduction to Data Science 
単位数:2単位
科目区分:自然・人間科学系科目
配当年次:1年次~
科目概要:
本科目は、文系・理系を問わず全学部の学生を対象に、数理・データサイエンス・AIに関する概論的な授業を行う。当該分野に関する基本的な知識と、データをもとに事象を適切に捉え、分析、説明できる力、学習した知識および技能を適切に扱う能力を身につけることを目標とする。なお、授業で取り扱うテーマは、数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム※のモデルカリキュラム(リテラシーレベル)に準拠し、「データを読む、説明する、扱う」といった基本スキルを身につけるとともに、社会で起きている変化、データ・AIの活用領域と社会における具体的な利活用例、個人情報保護や情報セキュリティ等のデータ・AI利活用における様々な留意事項等について、総合的に学ぶ。

       
※ 数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアムについては「数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム ホームページ」でご覧いただけます。なお、同志社大学はコンソーシアム連携校です。

(2)プログラム選択科目
  • 「数学1」「数学2」(自然・人間科学系科目) 各2単位
  • 「データサイエンス1」「データサイエンス2」(自然・人間科学系科目) 各2単位
  • 「論理的思考の基礎(1)」「論理的思考の基礎(2)」(人文科学系科目) 各2単位
  • 「論理的思考の応用(1)」「論理的思考の応用(2)」(人文科学系科目) 各2単位
  • 「Statistics for the Social Sciences and Humanities」(国際教養科目) 2単位※
※ 教授言語は英語、留学生との共修科目

3.修了要件

必修科目2単位と、上記の選択科目から4単位以上、計6単位以上を修得すること。

4.備考

教育プログラムの履修は、2021~2015年度生にも遡及適用する。

同志社データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)(DDASH-L)履修の勧め

授業風景
 総務省の情報通信白書の「日本企業におけるデータ活用の現状」によると、大企業の約半数が経営企画や製品企画、マーケティングにデータを活用しているとされています。そこで使われている手法の基盤となるのが今回の教育プログラムで学ぶ内容となっています。
 また、大企業の約2割がさらに高度なAIや機械学習技術をビジネスに利用しているとされています。加えて、大企業の約5割がデータ分析専門の部署を置いているとのことです。

 このように、社会におけるデータ利活用は急速に広がっています。文系だから、専門外だから関係ないという判断では時代に取り残されてしまいます。データ分析に関する知識技能は現代の「読み書きそろばん」です。その意味で、本プログラムも“リテラシー”という言葉を使っています。

 Society5.0社会を生きていく皆さんには、「データサイエンスを俯瞰したい」「大学において自分の専門分野でデータを扱う」「社会人基礎力としてのデータサイエンスを大学で身につけたい」「計量的に物事を把握する力を身につけたい」「データサイエンスやAIなんて苦手だけど知っておかないと困るから基本だけでも知りたい」「面白そう」など、学ぶきっかけは色々とあって良いと思います。文系・理系を問わず必須となる数理・データサイエンス・AIの知識・教養について、リテラシーレベルのDDASH-Lから履修してみませんか。
 
 多くの皆さんが本プログラムを受講してくれることを期待しています。

 同志社大学VISION2025特設ページもぜひご覧ください。