保健体育科目

人生にとって心身の健康は、なくてはならないものです。人間が現代社会を豊かに生き抜くためには、健康や体力の維持・増進が求められます。そのためには、スポーツを通じて身体を動かす機会を持ち、そこから健康・体力に関する知識と管理方法を修得することが必要です。
保健体育科目のカリキュラムは、「講義科目」、「実技科目」の2部門から構成されており、「講義」と「実技」の両面から最新のスポーツ・サイエンスを学ぶことができます。
現代人にとって、健康のあり方について、講義を通じて理論的に学習することは、人生にとって大いに価値のあることです。また、実技科目である「スポーツ・パフォーマンス1」では、充実した体育施設の中で正確なスポーツ技術を学ぶことができ、安全にスポーツをする姿勢を身に付けながら、体力を向上させる方策を学修することができます。

先行登録が必要な科目については、所定の手続きが必要です。登録手続きについては、所属する学部の登録要領で確認してください。
各科目の卒業要件等、カリキュラム上の取扱いについては、所属する学部の履修要項で確認してください。