クリエイティブ・ジャパン科目

「クリエイティブ・ジャパン科目」授業風景
 「クリエイティブ・ジャパン科目」は、伝統、文化、芸術への高い関心を育み、「感性価値」の創造と受容の基礎となる力を身に付けて、想像力を涵養することを目的としています。「日本文化の魅力とは何か」「グローバルに受容される価値とは何か」について考察し、「京都から日本全国、そして世界へ」と広がる視野を養ってもらいたいと考えています。
 実践知を扱うため、必要に応じて、ゲスト・スピーカーを招聘して授業を行い、少人数クラスを設けます。
 「クリエイティブ・ジャパン科目」は、次の科目で構成されています。
京都科目
 京都は、日本の中で、伝統、文化をはじめとした文化資本とハイテク産業の集積が最も進んだ都市です。そこにある豊かな素材を活用する「京都科目」は、京都の伝統、文化の真髄と普遍的価値、美意識や感性、精神性を理解するとともに、それらが受容性に優れ、広く異質なものを受け入れてきたことを理解することを目的としています。「京都科目」では、「京都」を題材とした学びを通じ、日本各地の伝統、文化への汎用的理解力を養います。

クールジャパン科目
 「クールジャパン科目」は、「クールジャパン」として世界が注目するコンテンツ、映画、ファッション、音楽、ゲームソフトなどを内容とする科目です。「他文化圏で受容されている現代日本文化の価値」について考察し、新たな文化の創造、文化による産業創出、海外への発信力の強化なども扱います。

クリエイティブ・ジャパン科目
 「クリエイティブ・ジャパン科目」では、伝統、文化、芸術を産業振興、新産業の創出、まちづくり、地域コミュニティの再生など、社会のさまざまな分野で活用し、幅広い分野に波及させていくことで、日本社会のクリエイティビティを高めるための方法を思考し、文化による日本のブランディングについて考察します。

外国人留学生とともに学ぶ科目
 日本の伝統、文化を内容とし、外国人留学生とともに学ぶ科目、外国語で授業を行う科目を開講しています。


先行登録が必要な科目については、所定の手続きが必要です。登録手続きについては、所属する学部の登録要領で確認してください。
各科目の卒業要件等、カリキュラム上の取扱いについては、所属する学部の履修要項で確認してください。